アイルランドの歴史年表|古代から現代までの重要な出来事一覧

年代 出来事
紀元前

●アイルランド島に初めて人類が居住(紀元前7500年頃)

 

●青銅器時代の開始(紀元前2500年頃)

 

●鉄器時代の開始(紀元前600年頃)

1世紀
2世紀
3世紀
4世紀
5世紀
6世紀 ●キリスト教の伝来/土着の多神教の衰退(600年頃)
7世紀
8世紀
9世紀
10世紀
11世紀
12世紀

●イングランドがアイルランドの植民地化を開始(1169年)

 

●イングランド軍がウォーターフォードとダブリンを占領し、王領都市として宣言(1171年)

13世紀
14世紀

●アイルランド王の手引きで、スコットランドがアイルランドに侵攻。イングランド勢力が攻撃され、多くの土地がアイルランド人の元へ戻った(1315年)

 

●都市部でペストが流行し、多くのイングランド人が犠牲に。収束後、一時的にアイルランド文化が活気づいた(1348年)

15世紀 ●薔薇戦争が勃発:イングランドで30年にもおよぶ内乱が発生し、疲弊のためアイルランドにおけるイングランドの影響力がほとんどなくなった(1455年)
16世紀

●イングランド教会がローマ教会から分離したことで、大量のプロテスタントがイングランドに流入。厳格なカトリック国のアイルランドと対立が深まる(1534年)

 

●絹衣のトマスの乱の発生:アイルランド貴族のトーマス・フィッツジェラルドがイングランド王に対し反乱を起こした。しかし返ってアイルランドへの圧力が強化される結果となった(1536年)

17世紀

●アイルランド革命の発生:カトリック勢力のキルケニー同盟が蜂起を起こす。アイルランド同盟戦争に発展し、これに勝利したカトリック教徒は一時的にアイルランドの支配権を取り戻す(1641年)

 

●清教徒革命の指導者として知られるオリバー・クロムウェルがアイルランドに侵攻。カトリック勢力からアイルランドの支配権を奪う(1649年)

 

●ウィリアマイト戦争の勃発:名誉革命によりイングランドで王位を追われたジェームズ2世が、フランス軍を率いてアイルランドに上陸。プロテスタントのウィリアム3世支持派と、カトリックのジェームズ2世支持派が衝突した。ジェームズ2世が敗れ、アイルランドのプロテスタント支配が確立された(1689年)

18世紀

●アイルランド大飢饉の発生:2年にわたる寒波がアイルランドを襲い、食糧難で40万人もの農民が死亡した(1740年代)

 

●アメリカ独立戦争の勃発:イギリスが独立戦争の対処に追われたことで、アイルランドへの締め付けが弱くなり、アイルランド議会の地位向上に繋がった(1775年)

 

●フランス革命が勃発:アイルランドで革命への共感が高まり、アイルランド議会のプロテスタント勢力が縮小する(1789年)

 

●アイルランドの革命家ウルフ・トーンによって、イギリス支配からの独立を掲げるユナイテッド・アイリッシュメンが設立される(1791年)

 

●ウルフ・トーンによる反乱がピークを迎える。最終的には同年、タラの丘での戦闘でイギリス軍により鎮圧された(1798年)

 

●グレートブリテン議会とアイルランド議会で連合法が可決される(1800年)

19世紀

●グレートブリテンおよびアイルランド連合王国の成立:アイルランド議会が廃止され、連合法に従い、アイルランドはイギリスに完全に併合された。(1801年)

 

 

●ジャガイモ飢饉が発生:主要作物が枯渇したことで、深刻な飢餓に陥り、餓死や国外脱出で、最盛期800万人いた人口が、1911年には440万人までに減少した(1840年代)

 

●チャールズ・スチュワート・パーネル主導で、アイルランドに自治権を付与しようとする政治的動きが始まる。この流れの中で、アイルランド民族主義者とユニオニスト※の対立が激化する(1870年頃)

 

イギリスに帰属を求める者のこと。アイルランド島全体ではナショナリストが優勢だったが、北東部のアルスター地方では多数派を占めていた(

20世紀

●第一次世界大戦が勃発:イギリス議会はアイルランド自治法を成立させた(1914年)

 

●イースター蜂起の勃発:アイルランド義勇軍が、ドイツの支援を受けイギリスへの反乱を起こすも、ただちに鎮圧された。蜂起の指導者達が処刑されたことで、ナショナリストへの支持が高まった(1916年) 

 

●アイルランド独立戦争の勃発:イギリスによる支配から解放を求め、アイルランドの民族主義者らが武装蜂起した(1919年〜1922年) 

 

●英愛条約の締結/アイルランド自由国の成立:アイルランド独立戦争の休戦条約が結ばれた。条約に基づき、イギリスから分離した26地方により、アイルランド自由国が樹立(1921年) ※

 

※アルスター地方のうち6州(現・北アイルランド)はイギリスの統治下にとどまったことで、アイルランドの分断が決定づけられる 

 

 

 ●アイルランド内戦:アイルランドの分断を決定づけた英愛条約をめぐり、賛成派と反対派が対立し、内戦に発展(1922年〜1923年)

 

●アイルランド憲法が公布され、国号をアイルランド自由国からアイルランド(アイルランド語で「エール」)に変更(1937年)

 

●第二次世界大戦の勃発:アイルランドは中立の立場を貫いたが、数万人が義勇軍として英軍に加わった(1939年)

 

●共和制国家アイルランドの成立を宣言し、イギリス連邦から離脱した(1949)

21世紀
トップへ戻る